Emacser御用達gitクライアント

gitがようやく部内に広まりつつありますが,そのきっかけの一つはGUI操作のできるgitクライアントが紹介されたことでしょう。
僕もWindowsで使っている TortoiseGit は,エクスプローラに統合でき,かなり使い勝手のいいクライアントだと思います。
しかし,Linuxを常用しているのでなにかいいクライアントが無いものかと探していたら,Emacs向けのパッケージを見つけました。
(それまではコマンド直打ちをしていましたが,やはり面倒。gitの学習のためにはコマンドを自分で打つべきだとは思います。)

Magit

Magit
パッケージマネージャからインストールしてやりました。

起動

gitで管理しているファイルをEmacsで開き,

1
M-x magit-status

でMagitが起動します。

使い方は出てきたバッファ内で’?’を打つと表示されます。

すでにStaged, Unstaged, Untrackedなファイルがリストアップされてると思いますが,これらのファイルを操作するのは1キーの打鍵で済みます。
カーソルを合わせて’s’を押すとstage,’u’を押すとunstage,これだけです。

コミット

‘c’を押すとCommitのためのメニューが開きます。

もう一度’c’を押してコミット画面に遷移します。
下のバッファにコミットメッセージを書きます。
上のバッファにはgit-diffが表示されているのでコミットメッセージも書きやすくなっています。

あとは”C-c C-c”を押せばコミット完了です。

プッシュ

最後に’P’の打鍵でプッシュのメニューを開きます。
ここで登録されているremoteにプッシュするため,’p’を打鍵するとパスワードを求められます。

これにてプッシュ完了です。

利点

Magitの利点としては,次のようなことが考えられると思います。

  • コーディングからプッシュまでをすべてEmacsの中で済ませることができる
  • キーストローク数が最小限なのでスムーズにgitを操作できる
  • メニューに簡易的な説明が表示されるのでキー操作を忘れない

なんと言っても一番上ですね。
ファイルを編集中に逐一コミットすることが,とても楽ちんになります。

デレステ自動演奏機の問題点

なんだこれは

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージという,スマートフォン向けのゲームがあります。
いわゆる音ゲーです。
未だに先駆者が出ていないため,何を思い立ったか自動演奏機を作っています。
※ソフトウェア的に自動クリアする動画はありましたが,自動クリア(物理)はこれが初だと思います。




メカ

打鍵用にタカハソレノイドを2個,移動用にサーボモータを2個使っています。
スライダクランク機構で打鍵部を移動させています。

デレステは”スライド”と呼ばれる譜面があるため,打鍵しながら左右に動かせる機構が必要でした。
現時点では同時押しは2つまでしかないため,打鍵部は2つのみとしました。

制御

制御用のマイコンとして,STM32F401RE nucleo boardを使っています。
外付け部品が不要で使うことができ,おねだんも1700円(デバッガ付き)なのでオススメです。

ソフトウェア

譜面データをハードコーディングするのだけは絶対にやめたい(ダサいし楽曲追加が面倒)ので,譜面データを作成するソフトを作っています。
ついでにQtのお勉強もしています。

今後

1,2ヶ月はマイクロマウスと夏コミに専念したいため凍結させますが,夏休み頃から再開させようと考えています。
機械の精度を見直し,ソフトを完成させることができれば,それなりに演奏してくれるのではないでしょうか。

ブログ移転しました

ブログ移転しました。

このブログは,残り少ない2年間の大学生活を充実させるため,日々の取り組みをメモしていくブログです。
今年もいろいろなことに取り組んでいこうと思います。

とりあえずはバイトとマウスとデレステと。