マイクロマウス調整法(僕向け)

はじめに

こんにちは.地区大会も残すところ中部だけとなり,あとは全日本に向けて仕上げていく時期となってまいりました.
みなさんマウスの調整はお済みでしょうか?

マイクロマウス調整法(フレッシュマン向け) 徒然なるままに書きつくれば

さて早速ですが,先輩の記事にあやかって僕の調整のやり方を書き残しておこうと思います.ただし,

※今回の記事は個人の主義主張が強く含まれます。調整方法がコレで正解というわけではないので、あくまで一意見としてお聞きください。

ということでお願いします.

Read More

マイクロマウスで使いやすいモード機能を考える

はじめに

マイクロマウスを作る上で,誰もが”モード機能”を実装すると思います.探索モード,最短モード,調整モード,センサ値表示モードなどなど,いくつもの機能を一つのプログラムで切り替えて動作させることは必ず必要になるでしょう.
しかし,僕の所属するサークルでは全員が思い思いの実装をしており,コードを第三者に見せることがありません.どういうコードを書けばわかりやすく,人為的ミスが発生しにくいのか議論されることがありませんでした.

そこで,この記事では僕のマウス”鵤”で実装しているモード機能を説明しようと思います.この記事をきっかけに,良いアイデアや改善点などが集まることを期待しています.

Read More

HALとMakefileの構成でC++を使う

はじめに

STM32の開発を行う際は,いくつかの選択肢があります(ありました).

  • 生レジスタを叩く
  • mbedを使う
  • SPL(Standard Peripheral Library)を使う
  • HAL(Hardware Abstraction Layer) Driversを使う

僕はこれまで,SPLを使って開発を行っていましたが,SPLの開発が終了してしまいました.これ以降に発表されるマイコンではSPLが使えなくなります.
そこで,SPLからHALに乗り換えすることにしました.
この記事では,Linuxで,統合開発環境を使わず,C++(gcc)でHALを使った開発を行う手順を説明します.環境さえ整えばWindowsやMacでも開発できると思います.
おまけとして,複数のFTDIチップを利用する場合のTipsを書こうと思います.

Read More

2017年度マイクロマウス関西地区大会でおもちゃを手に入れた

はじめに

マイクロマウス2017年シーズンが始まりましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか.私は新作ができなくて非常に苦しんでいます.
今年はシード権の代わりにポイント制が始まり,ポイント稼ぎのために全国を周る人が大勢いらっしゃるかと思います.
私も全国を周る予定ですが,その旅行記の第1回として今回の記事を書こうと思います.

Read More